首の痛み

  •  
  •  

首の痛み

ハタノクリニックで主なは首の疾患として頸椎椎間板ヘルニア、頚部捻挫(むち打ち傷害)、頸肩腕症候群、頚椎症性神経根症等の治療をおこなっております。肩の痛みでお困りの方はお気軽にご相談下さいませ。

頸椎椎間板ヘルニア

画像:頸椎椎間板ヘルニア

30~50代に多く、2個目以下の頸椎を椎間板といい、この椎間板は椎骨間で衝撃を吸収してクッションのような役割をしますが、クッションの表面が破れた状態で内部の髄核が飛び出した状態が椎間板ヘルニアです。

年齢や運動負荷・遺伝的素因などいろいろな因子(多因子)が影響して起こりますが、頸椎の脱臼などの明らかな外傷に伴うものもあります。 症状はさまざまで、頸部痛、肩こり、手足のしびれや痛み、運動麻痺などの症状を引き起こします。 字が書きにくくなったり、衣服のボタンの留め外しが難しくなったり、歩幅が狭くなり階段の昇り降りがしずらくなります。 椎間板ヘルニアにより、脊髄、あるいは神経根のどちらが障害を受けているかで治療法は異なります。

頚部捻挫(むち打ち傷害)

画像:頚部捻挫(むち打ち傷害)

むち打ち傷害とは、自動車などで追突されたり、衝突したりしたとき、重たい頭を支え、柔らかく動く頸部が、まるでむちのような波状運動を強いられることです。
これによって頸部の関節包、椎間板、靱帯、筋肉、神経、血管などがなんらかの損傷を受けて、複雑な症状が現れますが、これは病気の本態を示すものではないので、最近では適切な病名がつけられないまま頸部捻挫ともいわれています。
短時間の意識障害、頸部痛、頭痛、上肢のしびれ感、肩こり、めまい、眼症状、耳鳴り、吐き気、ときには腰痛もみられます。そして、これらの症状は、受傷直後から出るものと、直後はとくに症状はないが、数時間~1週間後になって出るものがあります。
整形外科医の方針にしたがって治療をおこなうことで、後遺症は少なくなります。

頸肩腕症候群

画像:頸肩腕症候群

首、肩、腕、手指にかけて、痛みやしびれ、だるさ(倦怠感)力が抜ける感じ(脱力感)冷たさなどの訴えがある場合その原因疾患がなんてあるかはさておき、便宜上「頸肩腕症候群」という病名をつけることがあります。したがって頸肩腕症候群という病名は、症状に対してつけられたものにすぎず、さまざまな病気が原因となって一連の症状をひきおこしているものを総称していることになります。

頚椎症性神経根症

画像:頚椎症性神経根症

中年~高齢の人で肩~腕の痛みが生じます。腕や手指のシビレが出ることも多く、痛みは軽いものから耐えられないような痛みまで程度はそれぞれです。一般に頚椎を後ろへそらせると痛みが強くなりますので、上方を見ることや、うがいをすることが不自由になります。上肢の筋力低下や感覚の障害が生じることも少なくありません。遠近両用眼鏡でパソコンの画面などを頚をそらせて見ていることも原因となることがあります。

受付時間
9:30~12:30 /
16:00~19:00 / / /
※休診日:木曜午後・土曜午後・日・祝祭日
所在地 〒530-0033 大阪府大阪市北区 池田町15-6
連絡先 06-6351-5078
診療科目 整形外科、リウマチ科、リハビリ科

各症状について

  •  
  •  

各症状について

画像:アクセスバナー

お知らせ

  •  
  •  

お知らせ

更新日:2018/12/14

年内の診療は、12月29日(土)までとなります。12月30日(日)~1月6日(日 […]

更新日:2018/11/09

この度、ハタノクリニックのホームページをリニューアル致しました。 今後も当院から […]

一覧を見る

TEL:06-6351-5078

画像:アクセスタイトル