肩の痛み

ハタノクリニックで主なは肩の疾患として肩関節周囲炎(五十肩)、頸肩腕症候群、頚椎症性神経根症等の治療をおこなっております。肩の痛みでお困りの方はお気軽にご相談下さいませ。

肩関節周囲炎(五十肩)

画像:肩関節周囲炎(五十肩)

中年以降(特に50代に多い)に発生する肩関節の痛み(疼痛)と動きの制限(拘縮)を伴う病気の総称です。
肩関節とその周辺組織に炎症を起こすため、炎症を起こしている部位、炎症の程度によりさまざまな症状を起こします。
関節を構成する骨、軟骨、靱帯(じんたい)や腱(けん)などが老化(変性)して肩関節の周囲組織に炎症が起きるとが原因とされておりますが、患者様によってその原因も様々ですので痛みが気になる方はお早めにご相談下さい。

頸肩腕症候群

画像:頸肩腕症候群

首、肩、腕、手指にかけて、痛みやしびれ、だるさ(倦怠感)力が抜ける感じ(脱力感)冷たさなどの訴えがある場合その原因疾患がなんてあるかはさておき、便宜上「頸肩腕症候群」という病名をつけることがあります。したがって頸肩腕症候群という病名は、症状に対してつけられたものにすぎず、さまざまな病気が原因となって一連の症状をひきおこしているものを総称していることになります。

頚椎症性神経根症

画像:頚椎症性神経根症

中年~高齢の人で肩~腕の痛みが生じます。腕や手指のシビレが出ることも多く、痛みは軽いものから耐えられないような痛みまで程度はそれぞれです。一般に頚椎を後ろへそらせると痛みが強くなりますので、上方を見ることや、うがいをすることが不自由になります。上肢の筋力低下や感覚の障害が生じることも少なくありません。遠近両用眼鏡でパソコンの画面などを頚をそらせて見ていることも原因となることがあります。