腰の痛み

ハタノクリニックでは腰の痛み、主に椎間板ヘルニアや変形性脊椎症等の治療をおこなっております。腰の痛みでお困りの方はお気軽にご相談下さいませ。

椎間板ヘルニア

画像:椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、あるひとつの原因で起きるわけではなく、いろいろな因子(多因子)が影響して発症します。重労働・喫煙などの環境因子や遺伝的因子の影響があると考えられている一方、スポーツの影響は不明です。好発年齢は20~40代で比較的若い人に多い病気で、通常激しい腰痛と片側の下肢痛・しびれ感を引き起こします。
疼痛やしびれ感の部位は、圧迫される神経によって異なります。
神経症状の強い場合は障害神経の支配筋に運動麻痺を生じます。
神経根の圧迫による完全な運動麻痺の回復は困難であり注意を要しますので、お早めにご相談下さい。

変形性脊椎症

画像:変形性脊椎症

加齢による病気で、症状が軽いうちは無症状のことも多いです。椎間板と後方の左右一対の椎間関節により脊柱の動きが可能ですが、これらが退行変性した状態を変形性脊椎症と言います。椎間板が変性するとその異常な動きを止めるように骨棘(ほねのとげ)が形成されます。
変形が進んで高度になると、慢性の疼痛や可動域制限が生じ、まれに神経根症状を生じます。まれに神経根を圧迫して神経根症状を生じたり、変形による骨棘や肥厚などによって脊髄や馬尾神経の通り道が狭くなり脊柱管狭窄症となって症状を発現することもあります。一般的にはレントゲン検査を行うことで診断し、脊柱管狭窄症や神経根症状の強いときはMRI検査が必要になります。