手の外科

人の手は筋肉や腱,神経,血管,骨,関節などの各組織が複雑に関係しており、運動能力、感覚能力などを備えています。
当院の手の外科診療では、腱鞘切開術(ばね指)やガリクオンをはじめ、様々な症状をかかえる患者様に対する治療をおこなっております。

腱鞘切開術(ばね指)

画像:腱鞘切開術(ばね指)

指には指の関節を曲げたり伸ばしたりする腱というものがついています。
そのうち指を曲げる腱(屈筋腱)をといいます。その屈筋腱には指を曲げる時に腱が浮き上がらないようにする組織(靭帯性腱鞘)があり、この屈筋腱と靭帯性腱鞘との間に炎症(腱鞘炎が起こった状態)が起こると刺激のために腱が厚く硬くなり、結果として腱の動きが悪くなります。これを無理して動かそうとするとバネ現象が起こり、これをバネ指と呼びます。
原因として手の酷使でも発生しますが、主に妊娠時、産後や更年期の女性に起こることが多い疾患です。そして関節リウマチでも発生します。

ガリクオン

画像:ガリクオン

ガングリオン(結節腫)とは手足などの関節にできる腫瘍のことです。手首や足首、あるいは手背や手掌、足背や足底などに多く発生します。いわゆる手足にできる腫瘍の代表がこのガングリオンです。
ガングリオンができると、手や足が普通はドーム状に盛り上がり硬いしこりを触れるような感じになります。はれると堅くなりあたかも骨のようになります。ガングリオンは悪性ではないので基本的に放置していても問題ありませんが、手首などにできると人目について目立つこともありますし、近くの神経を圧迫して痛みを生じることもあります。そのような場合は治療や手術が必要です。
ガングリオンの発症原因ははっきりわかっていませんが、普段から手指の関節や手首をよく使う人に多いようです。手首の使いすぎによる慢性の炎症がガングリオンの誘因になるのかもしれません。